オルセー美術館

ホテル ドルセーから至近、世界の印象絵画の最も重要なコレクションがある美術館。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 47 05 85 54 Coût des appels locaux
le-quartier-de-l-hotel-d-orsay-paris-gilles trillard.

パリの中心、セーヌ川沿いのチュイルリー公園の真向かいにあるオルセー美術館は1848年から1914年までの多様な作品を展示しています。世界の印象派絵画の最も重要なコレクションを所蔵していることでも有名です。当ホテルはオルセー美術館の真向かいに位置しております。

オルセー美術館の歴史

美術館は元々パリとフランス南西部を結ぶ路線のオルセー駅の駅舎でした。1898年建築家ヴィクトール・ラルーによって設計され1900年の世界万博の際に落成されました。この駅舎を国立美術館に改築しようという決議は当時の共和国大統領ヴァレリー・ジスカール・デスタンの主導で採択されました。建設計画は建築家ルノー・バルドン、ピエール・コルボ、ジャン=ポール・フィリッポンで構成されたフランスの建築チームACT architectureに任せられました。彼らのプロジェクトは1979年にヴィクトール・ラルーの駅舎の建築様式を尊重しつつ新しく解釈した6つの案の中から選ばれました。さらにプロジェクトは中央の身廊を活かしたもの、そしてそれを美術館の陳列品目行程の主要軸にしなければならないというものでした。1986年にオルセー美術館は当時の共和国大統領フランソワ・ミッテランにより落成されました。ルーブル美術館、ジュ・ド・ポーム美術館、ポンピドー・センターからの作品がここに集結したのです。

学際的な特徴を持つ美術館

この美術館の独自性は学際的な性格を持ち合わせているところです。絵画、グラフィックアート、彫刻、そしてさらに装飾芸術、写真、建築芸術、企画展として文学、音楽、映画、出版までが展示されています。オルセー美術館は約6000点もの作品を所有し約半分がこの3階建ての建物内に年代別、テーマ別、コレクション別に常設展示されています。美術館の主要作品としてはアレクサンドル・カバネルの「ヴィーナスの誕生」、ポール・セザンヌの「カード遊びをする人」、エドゥアール・マネの「草上の朝食」などがあります。

スタッフのイチオシ

ル・ビストロ・ド・パリ
«昔ながらのブラッスリーの雰囲気を守り抜くレストラン。質の良い料理、心温まるサービス。この界隈の政治家を見かけることもできるレストランです。 »
33 rue de Lille - 75007 Paris
火-土 ランチとディナーのサービス
デロール
« 1831年創立。この剥製と好奇心の小部屋はサンジェルマンデプレの中心に位置するほかにはない驚き空間です。»
46 rue du Bac - 75007 Paris
月 10:00-13:00 、14:00-19:00 火-土 10:00-19:00