ロダン美術館

オーギュスト・ロダンとカミーユ・クローデルの作品の大部分を所蔵する魅力的な美術館。庭園の美しさに魅了されることでしょう。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 47 05 85 54 Coût des appels locaux
Le Musée Rodin à Paris - Hotel d'Orsay Paris

ロダン美術館は1919年に開館し、オーギュスト・ロダンと公私ともにロダンの人生において重要な位置を占めていたカミーユ・クローデルの作品の大部分を収蔵しています。

美術館は元々1732年にVarenne通りに建てられたビロン邸と呼ばれる個人邸宅でした。

ロダン美術館の歴史

1905年より館は売却待ちの状態で廃墟同然でした。コクトー、マチス、イサドラ・ダンカン、リルケなどの多くのアーティスト達がこの場所を見つけてきたロダンの仲介により一時的に身を落ち着けました。1911年よりロダンは館すべてを所有し、庭園に作品の一部を設置します。同年、敷地は国に売却されますがロダンは立退きを拒み、作品すべてと所蔵の骨董品を国に寄付する代わりにビロン邸に生涯住み続けれるよう願い出たのです。1919年ビロン邸とその庭園のすべてはロダンから国に寄付された作品を展示するロダン美術館として使用されることになりました。

初期には論争の的になったアーティスト

美術館は彫刻、デッサンをはじめ絵画や写真に至るまで多様なロダンの作品を保存しています。果敢な革新者ロダンの作品を批評家たちはまがい物だと非難しました。代表する作品例としては「青銅時代」が挙げられます。人物描写が完璧だった為に人間から直接型を取ったのではないかという批判を受けたのです。最終的には彼の真の彫刻家としての立場は世に広く認められ、45歳で世界的な名声を得ました。

館内に展示された彫刻に加えて幾つもの像が豪華なバラで飾られた庭園に点々と配置されています。現在庭園内に設置されている彫刻の中には「カレーの市民」、「地獄の門」、「考える人」などがあります。この緑地スペースを彫刻を引き立たせるものとして使用することはロダンが実践していた方法を現在に復活させたものです。ロダンは1908年よりこの野生の庭園にいくつかの作品や所蔵の骨董品を置いていました。1993年の庭園の改修の際にテーマ別の散策コースが設置されました。神に懇願するオルフェを見つけることができるような植物とバラが交じり合った「オルフェの庭」、小道と小さな泉で構成された「泉の庭」コースがあります。庭園の入り口にある大理石ギャラリーにある幾つもの大理石の像は建物の大きなガラス窓からでも見て取ることができます。

スタッフのイチオシ

ラ・グランド・エピスリー・ド・パリ
«世界の料理の中からセレクトした商品を提案する食品館。種類の多さと類を見ない品質の良さが特徴です。マチルド・ジョンキエールのモザイクをはじめとする内装も見逃せません。»
38 rue de Sèvres - 75007 Paris
月-土 8:30-21:00
ウェブサイトを御覧ください
ラ・ボンヌ・エクスキューズ
«洗練されたインテリアと食堂のようなアットホームな雰囲気が素敵なフランス料理店。特にデザートはお客様からの高い評価をいただいております。»
48 rue de verneuil - 75007 Paris
火-土 ランチとディナーのサービス