オランジュリー美術館

チュイルリー公園内にあるモネの「睡蓮」を迎え入れるために考えられたまさに宝石箱のような場。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 47 05 85 54 Coût des appels locaux
Le musee de l'orangerie a Paris

その名が示すようにオランジュリー美術館は昔のオレンジ温室内に設けられたものです。チュイルリー公園にオレンジの木を保護する目的で1852年建築家フィルミン・ブルジョワによって建立され彼の後継者リュドヴィコ・ヴィスコンティによって完成されました。


オランジュリー美術館の歴史

 

この建物は1921年にリュクサンブール美術館の別館を作る計画を立てた芸術院に付与されました。その約2年前にクロード・モネが国に「睡蓮」を寄贈しています。それは1918年の11月11日の第一次世界大戦休戦の日の翌日のことでした。画家の友人、当時の大統領であったジョルジュ・クレモンソーがモネにその寄贈作品をオランジュリーに展示することを提案しました。セーヌ河、公園に広がるこの土地をモネはパリの中心にありながらもチュイルリー公園の静かさに包まれた最高に恵まれた場と評価しまさに瞑想の場であると想像したのです。「クロード・モネ美術館」は1929年彼の死の数カ月後に落成されました。

こうして「睡蓮」は画家によって考えられた展示方法で建築家カミーユ・ルフェーヴルが設計し一般公開されました。モネの画家人生の集大成とみなされる連作「睡蓮」は楕円形の2つの大広間に展示された300点のキャンバスの壁の集大成です。自然光に照らされた高さ2m幅約100mのキャンバスに睡蓮が点々と浮かぶ水辺の風景が広がります。

作品はモネの慣れ親しんだ環境、ジベルニーの水の庭園からインスピレーションを得ています。ゆっくり歩いてみればこの風景を独り占めできるに違いありません。ひとつめの部屋からもうひとつの部屋へ我々を瞑想の中へ招くかのように視点は水の反射の中へ滑り込んでいきます。

 

必須の改修工事

 

60年代にはジャン・ヴァルテルとポール・ギヨームのコレクションを迎え入れるためモネの元来の設置への意向をねじ曲げる美術館内部の改築が行われました。商人でありコレクターであるポール・ギヨームそしてのちに建築家であり実業家のジャン・ヴォルテールと再婚することになる妻ドムニカによって集められたルノワール、セザンヌ、ルソー、マティス、ピカソ、ドラン、モディリアーニ、スーチン、マリー・ローランサン、ユリトロの144点の絵画作品を収蔵しています。

 

2000年より行われた改修、拡張工事により、オランジュリー美術館は現在、美術館の中央に自然光を使用して再設置された名高い「睡蓮」の連作を一般公開しています。さらにジャン・ヴァルテルとポール・ギヨームコレクションの傑作品も自然光の元で展示されています。

スタッフのイチオシ

ル・カフェ・マルリー
« カフェ・マルリーのテラスにいるとまるでルーブル宮のピラミッドを独り占めしているような感覚に襲われます。夕暮れ時や忘れがたいディナーを楽しむには最高のロケーションです。 »
93 rue de Rivoli - 75001 Paris
毎日営業 8:00-02:00
ウェブサイトを御覧ください
レ・クリマ
« 2015年に1ツ星を獲得したレストラン。洗練された料理、スペシャリテであるブルゴーニュワインと調和した美しい盛り付けを提供しています。ワインファンにおすすめ。季節によって庭園テラスでランチが楽しめます。»
41 rue de Lille - 75007 Paris
火-土 ランチとディナーのサービス
ウェブサイトを御覧ください