セルジュ・ゲンズブールの家

セルジュ・ゲンズブールのすべてのファンにとってパリ7区のVerneuil通り5 bis番地の壁はこのアーティストの伝説的なイメージの象徴的存在です

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 47 05 85 54 Coût des appels locaux
l'hôtel d'orsay la maison de serge gainsbourg

セルジュ・ゲンズブールのすべてのファンにとってパリ7区Verneuil通り5 bis番地の壁はこのアーティストの伝説的な人物像の象徴的存在です。この住所はセルジュ・ゲンスブールが1969年から1991年まで住んでいた旧私邸に相当します。彼の死後、ここの壁はグラフティーでいっぱいになりました。その後、壁は真っ白に塗り替えられましたが、すぐに新しいグラフティーで埋め尽くされたのです。この壁がゲンズブールのアーティスト人生を記念しています。

セルジュ・ゲンズブール、

才能ある作詞・作曲家

音楽は彼が常に切望していた絵画という芸術に比べ« 重要ではない » と言い繰り返していたセルジュ・ゲンズブール本人の言うところによると彼自身は音楽が好きではなかったという。それが在命中に彼を世に知らしめた歌手としての身分、とりわけフランス音楽の作詞・作曲家としての名声を作り上げたにもかかわらずである。「夢見るシャンソン人形」は彼の名声を確たるものにしましたが彼自身のデビューは外見的な理由からそれは難しいものでした。生涯、ゲンズブールは醜いと評価される鏡に映し出される自分自身の姿とそのイメージへの拒絶の感情に苦しんでいました。年月と共にゲンズブールは自身で挑発的な呪われた詩人のイメージを作り上げます。生涯の間で彼はブリジット・バルドーや二人の間にシャルロット・ゲンズブールを授かったジェーン・バーキンをはじめとする美人で評判の歌手や女優たちを魅了しました。

認められないアーティスト

80年代にはアーティストは世間に理解されないと感じ、酒に溺れ、家庭をなおざりにしました。徐々に自身が作り上げた「 ゲンズバール 」 がゲンズブールの後継者になったのです。フランス人歌手ルノーが後にゲンズブールと類似の地獄へ落ちた経験を表現したアルバム「Boucan d’enfer」の中の「ドクター・ルノー、ミスター・ルナー」という曲を作る際にゲンズブールの立ち振る舞いから着想を得たのは有名です。

セルジュ・ゲンスブールは1991年3月2日パリ7区のVerneuil 通り5 bis番地にて心臓発作が原因でこの世を去りました。その後モンパルナス墓地に埋葬され、彼の墓はもっとも訪問の多い墓のひとつとなっています。娘のシャルロット・ゲンズブールは彼に敬意を評しVernueil通り5番地を彼専用の美術館に変身させようと提案しましたが、結局計画は実現されませんでした。しかし、この住所はファンの出会いの場として残り、グラフティーを通してゲンズブールの生涯を記念しています。

スタッフのイチオシ

ラ・ボンヌ・エクスキューズ
«洗練されたインテリアと食堂のようなアットホームな雰囲気が素敵なフランス料理店。特にデザートはお客様からの高い評価をいただいております。»
48 rue de Verneuil - 75007 Paris
火-土 ランチとディナーのサービス