アッサンブレ・ナショナル(国民議会)

ブルボン宮の有名な半円形議会室での討論会を傍聴してみてください。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 47 05 85 54 Coût des appels locaux
L'assemblee nationale, a deux pas de l'hotel d'Orsay

アッサンブレ・ナショナル(国民議会)はフランスの議会の一つで上院と共にフランス国会を形成しています。1789年6月17日に創設され1946年に元の名前で再び呼ばれるようになるまで異なった名前と形式で編成されました。国民から選ばれた577名の議員で構成され、パリ7区左岸側のコンコルド広場の正面、外務省も至近のブルボン宮を本拠地としています。正面玄関はl’université 通り126番地で名誉の法廷とも呼ばれています。議員用の図書室は7000,000冊もの蔵書を有しています。議論や法制定の票を投じる為に議員が集まる半円形議会室はブルボン宮の中心部に位置しています

アッサンブレ・ナショナル(国民議会)の歴史

第五共和制よりアッサンブレ・ナショナルは2つの軸を中心に 近代化を続けています。

 

一番目の軸はすべての国民議会議員に宿泊する場、そして働く場を提供する為の都市の中に本物の街の創立することです。宮殿につながるラセ-邸は国民議会議長の住居でした。テクノロジー設備が設置され今日ではウェブサイトも閲覧可能です。国会専門チャンネルLCPはTNTでも見ることができます。また一般に公開したいという願いから「キオスク・ド・ラッサンブレ」は作られました。議会のすべての発表を一般公開しています。その上すべての国民議会の審議も公開されています審議のはじめに申し出た10名までと席に限りはありますが議員の招待状を携帯している人も傍聴できます。「遺産の日」と「ニュイブランシュ」の際にも訪問が可能です。

 

近代化のニ番目の軸は1980年代以来の近代美術への議会の開放です。建物外部にはウォルター・デ・マリアの人権宣言の9項が刻まれた「人権の球体」と呼ばれる花崗石の球体の作品が展示されています。議会内部ではオリヴィエ・ドゥブレの「菩提樹のすじの入った黄土色」やリシャール・テキシエの「人権の実現」、アレンシンスキーの「ロトンド」など素晴らしい作品を見つけることができます。

スタッフのイチオシ

シェ・フランソワーズ
« 肉料理それとも魚料理?質はお墨付きのこのレストランではガストロノミーなフランス料理が味わえます。まさに政治家の食堂のよう。ガラス張りの大屋根の席がおすすめです。»
Aérogare des Invalides - 75007 Paris
毎日営業。 ランチとディナーのサービス
ウェブサイトを御覧ください
ラ・パティスリー・デ・レーヴ
« ガラスの容器の中に飾られたサン・トノレ、パリブレスト、タルトタタンそしてグランクリュショコラがあなたの味覚と子供の頃の思い出を呼び起こします。 »
93 rue du Bac - 75007 Paris
火-土 9:00-20:00 日9:00-18:00
ウェブサイトを御覧ください